カート

よく検索される書籍>タイ語学習意識改革ノートヨーゼフ・ラスカと宝塚交響楽団台湾華語はじめてつくる「探究」の授業写真家 星野道夫が問い続けた「人間と自然の関わり」

全ての書籍 シリーズ・叢書阪大リーブル人文科学語学 古代語の謎を解く

電子書籍

阪大リーブル 21

古代語の謎を解く

蜂矢 真郷

紙 版電子版

古代の日本人はどんな言葉を使っていたのだろうか.現代日本語とどこでつながり,どこで切れているのだろうか.

出版年月2010年03月01日
ISBN978-4-87259-305-1 C1381
判型・頁数 四六判・312ページ
定価本体2,300円(税込2,530円)
在庫品切れ・電子版あり
内容紹介
目 次
著者略歴

古代の日本人はどんな言葉を使っていたのだろうか.現代日本語とどこでつながり,どこで切れているのだろうか.例えば「男と女」の項では,キとミ(イザナキ・イザナミ,オキナ・オミナ),コとメ(オキナ・オミナ,イラツコ・イラツメ)のような用例を,「縦と横」ではタテ(楯・縦・立)やヨコ(横・避)の例文を挙げて訓み下し文を付す.
資料に語らせる古代語の面白さ.Handai-Asahi中之島塾の講義の成果をまとめる.

第一章 現代に続く古代語
縦と横/男と女/ヲ[小]とコ[小]/多少と大小/
高低と深浅/ワラフ[笑]とヱム[笑]

第二章一音節の語構成要素
ト[利]をめぐって/ト[門]・ト[戸]・ト[外]/タ[手]・テ[手]など/マ[目]・メ[目]など

第三章 古代からの地名
淡路・信濃‐旧国名から、島根・新潟‐県名から
津・敦賀‐市名から、城崎・和倉‐温泉名から

蜂矢 真郷(ハチヤ マサト)

大阪大学大学院文学研究科教授(国文学・東洋文学講座〔国語学〕)

NEWS・イベント・書評等

受賞 2010年5月11日

『古代語の謎を解く』が第2726回図書館選定図書に選ばれました。

お客様向け情報

オンデマンド版発売中

ご注文はこちらから
http://www.osaka-up.or.jp/books/ISBN978-4-87259-631-1.html

関連書籍