カート

よく検索される書籍>ヨーゼフ・ラスカと宝塚交響楽団一歩進んだ日本語教育概論学習意識改革ノートはじめてつくる「探究」の授業台湾華語緒方洪庵と適塾

全ての書籍 歴史・地理適塾・懐徳堂関連 洪庵のくすり箱

洪庵のくすり箱

米田 該典

紙 版電子版

緒方洪庵が愛用した薬箱には,ていねいに包まれた 薬が54種残っている.150 年後のいまもその薬効は 十分にあることが証明された。薬を見事に保存した 箱・包紙・ガラス瓶の技術や歴史、薬の流通の中心 としての道修町,幕末の薬学・化学の水準など,著者の興味は止まることがなく,読者を洪庵が活躍していた時代に誘いこむ.

出版年月2001年01月01日
ISBN978-4-87259-072-2 C1021
判型・頁数 四六判・144ページ
定価本体1,500円(税込1,650円)
在庫在庫あり
内容紹介
目 次
著者略歴

緒方洪庵が愛用した薬箱には,ていねいに包まれた 薬が54種残っている.150 年後のいまもその薬効は 十分にあることが証明された。薬を見事に保存した 箱・包紙・ガラス瓶の技術や歴史、薬の流通の中心 としての道修町,幕末の薬学・化学の水準など,著者の興味は止まることがなく,読者を洪庵が活躍していた時代に誘いこむ.

1章 緒方洪庵と薬
洪庵の人となり/適塾開く/薬人としての人となり
2章 洪庵のくすり箱
薬箱とその内容/薬箱の中の薬の分析/薬箱の保存の役目/適塾の頃の薬学・化学
3章 幕末頃の大坂の薬事情
蘭方薬の供給/外国人の見た日本の薬事情/医薬分業と日本

米田 該典(ヨネダ カイスケ)

大阪大学大学院薬学研究科助教授