カート

よく検索される書籍>タイ語Let's Learn! Engineering English for Practical Applications扇のなかの中世都市日本昔話の構造と語り手夫源病計算機マテリアルデザイン入門

全ての書籍 歴史・地理 二重読みされる中華民国

二重読みされる中華民国

戦後日本を生きる華僑・台僑たちの「故郷」

岡野翔太(葉翔太)

紙 版

中華人民共和国と中華民国の間でゆれる台湾系華僑の存在と自己認識を歴史的変遷のもとで捉えなおす。

出版年月2023年12月01日
ISBN978-4-87259-783-7 C3036
判型・頁数 A5判・392ページ
定価本体6,000円(税込6,600円)
在庫在庫あり
内容紹介
目 次
著者略歴

「台湾系華僑」とはどのような人びとなのか―「台湾」なのか、それとも「中華民国」なのか。アイデンティティをたどる冒険から在日華僑研究を捉えなおす。
第二次世界大戦後、互いに正統政府であると主張しあった中華人民共和国と中華民国。海外在住の「華僑」をどちらの「国民」とするのか、熾烈な争奪戦が繰り広げられた。日本で暮らす台湾出身者や台湾に移転した中華民国と結びつく大陸出身者=「台湾系華僑」は、戦後東アジア地域秩序の再編によって迫られた「中華民国を支持するか」、「中華人民共和国を支持するか」、「台湾独立を支持するか」という政治選択に翻弄され、様々なカテゴライズやレッテルのもとで自己認識を問われてきた。在日華僑研究のなかで明確に位置づけられてこなかった台湾系華僑の存在を歴史的変遷のもとで捉えなおし、地図上に引かれた境界の経緯と、それに基づく呼称や自己認識との関係のなかで再考する。

序章 ─  語られない人びとを描く視点
第一章 戦後日本における「華僑」の描かれ方─ 「台湾」をどう見るか
第二章 「華僑」前夜の台湾出身者と「省民証」の発明─ 神戸の台湾省民会(1945~1946)を基に
第三章 台湾出身者・満蒙留学生・日本人引揚者の交錯と「新中国」─ 歌曲《我愛我的台湾》の伝播と
第四章 新たな「中華民国」を作り出す─ 来日台湾外省人の日本帝国経験に注目して
第五章 「二つの中国」の呪縛と脱植民地化の課題─ 戦没者慰霊、法的地位問題の浮上
第六章 台湾出身者の歴史的自己省察の試み─ 台湾人権利擁護総連合会の成立とその挫折
第七章 日華断交後の「台湾系華僑」
第八章 歴史のなかの「私」─ 「華僑」「台僑」と 
終 章

岡野翔太(葉翔太)(オカノショウタ)

1990 年、神戸市生まれ。葉翔太(YEH, Hsiang-tai)は台湾名。
2013 年、関西学院大学文学部文化歴史学科アジア史学専修卒業。2015 年、大阪大学大学院文学研究科博士前期課程(東洋史)修了。2022 年、大阪大学大学院人間科学研究科博士後期課程修了。博士(人間科学)。
中央研究院台湾史研究所訪問学員、大阪大学大学院言語文化研究科特任研究員などを経て、現在は大阪大学レーザー科学研究所特任研究員、大阪大学大学院人文学研究科招聘研究員、大阪大学マルチリンガル教育センター委託講師、関西大学・兵庫県立大学・神戸学院大学で非常勤講師。専門は華僑華人研究、現代台湾地域研究、中国近現代史。

NEWS・イベント・書評等

書評・紹介 2024年6月19日

『図書新聞』に『二重読みされる中華民国』の書評が掲載

『図書新聞』6/15にて、本書の書評が掲載されました。「戦後日本の華僑・台湾出身者への名付けを歴史的に解きほぐす」評者は横田祥子先生(滋賀県立大学)です。


書評・紹介 2024年2月22日

『二重読みされる中華民国』が『大同』にて紹介されました

本書が、留日横濱華僑總會の機関紙『大同』一月号で紹介されました。「これまで詳細に検証されることの無かった日本華僑の分野で、神戸の新進気鋭の研究者岡野翔太(葉翔太)のデビュー作である」


書評・紹介 2024年2月16日

『二重読みされる中華民国』が『国際貿易』紙上で紹介

本書が日本国際貿易促進協会の機関紙『国際貿易』(2024/2/13)紙上で紹介されました。

お客様向け情報