カート

よく検索される書籍>タイ語日本昔話の構造と語り手Let's Learn! Engineering English for Practical Applicationsかかわりあいの人類学計算機マテリアルデザイン入門近世幕府農政史の研究

全ての書籍 社会政治・法律 暴力の政治民族誌

暴力の政治民族誌

現代マヤ先住民の経験と記憶

池田光穂 著/山福朱実

紙 版電子版

中米グアテマラ高地のマヤ系先住民が1960~2000年代の政治暴力的、経済的に直面した経験を綴る政治民族誌。

出版年月2020年08月20日
ISBN978-4-87259-697-7 C3031
判型・頁数 A5判・368ページ
定価本体5,900円(税込6,490円)
在庫在庫あり
内容紹介
目 次
著者略歴

中米グアテマラ高地のマヤ系先住民の1960~2000年代の経験による政治民族誌。
1847年グアテマラ共和国成立後、1944年の革命を経て、現代までに、彼らは政治的・経済的な影響に直面してきた。
なかでも内戦期(1961‐1996)の筆舌に尽くし難い暴力経験、葛藤にともなう変化が彼らの語りで再現される。
希少なラテンアメリカ地域研究の「政治民族誌」として政治暴力の研究手法にも扉を開く。

第1章 人種と政治
第2章 伝統祭祀と社会
第3章 先住民共同体と経済
第4章 暴力の語りと証言
第5章 政治的暴力の諸相
第6章 先住民表象と国家
第7章 移民と難民 
第8章 経済開発の寓話
第9章 地方分権と先住民
第10章 地方政治における紛争
第11章 フィールドワークを通して考えること

池田光穂(イケダミツホ)

大阪大学COデザインセンター教授・センター長。
専門は文化人類学、医療人類学、中米民族誌学、コミュニケーションデザインなど。
著書に『実践の医療人類学』(世界思想社、2010年)、『看護人類学入門』(文化書房博文社、2010年)、編著に『認知症ケアの創造』(雲母書房、2010年)、『コンフリクトと移民』(大阪大学出版会、2012年)など。

山福朱実(ヤマフク アケミ)

NEWS・イベント・書評等

書評・紹介 2021年3月31日

『暴力の政治民族誌-現代マヤ先住民の経験と記憶』(池田光穂・著)

『日本ラテンアメリカ学会会報』134号にて、本書が紹介されました。紹介者は柴田修子先生(同志社大学)です。同学会HPで公開されています。

http://www.ajel-jalas.jp/kaihou/kaihou_pdf/134masked.pdf


書評・紹介 2021年2月1日

『暴力の政治民族誌--現代マヤ先住民の経験と記憶』(著:池田光穂)

IDE-JETROの『ラテンアメリカ・レポート』37巻2号(2021/2)に新刊紹介が掲載されています。「歴史的事件と関連づけられ、その都度再定義される「国民」かつ「先住民」との対話を追体験させてくれる」(評者:笛田千容先生=駒澤大学)

書評はリポジトリで公開されています。
https://doi.org/10.24765/latinamericareport.37.2_89


書評・紹介 2021年1月22日

『暴力の政治民族誌--現代マヤ先住民の経験と記憶』(著:池田光穂)

「図書新聞」1月30日号に書評が掲載されました。「先住民マヤの人々の様々な語りに耳を傾け…我々全員の歴史の中に位置付けることの必要性を訴える」(評者:吉村栄人先生=東北大学)


書評・紹介 2020年10月28日

『暴力の政治民族誌―現代マヤ先住民の経験と記憶』

池田光穂(著)を、『ラテンアメリカ時報』第63巻,第4号の8頁「ラテンアメリカ参考図書案内」にて、ご紹介いただきました。
https://latin-america.jp/archives/45289