カート

よく検索される書籍>中国語暴力の政治民族誌田中敦子と具体美術協会ドーナツを穴だけ残して食べる方法芸術と福祉アメリカ大統領図書館

全ての書籍 哲学・思想・宗教 パスカルと身体の生

パスカルと身体の生

山上浩嗣

紙 版電子版

『パンセ』の中心主題から、パスカルのキリスト教弁証の試みにおける人間の身体、身体を伴う人間の生の両義的な価値を明らかにする。

出版年月2014年10月01日
ISBN978-4-87259-477-5 C3016
判型・頁数 A5判・334ページ
定価本体6,300円(税込6,930円)
在庫在庫あり
内容紹介
目 次
著者略歴

パスカルの思索の中心にあるのは、人間の思考や知性の卓越性ではなく、つねに身体の影響をこうむる人間の精神、精神のはたらきを妨害する人間の身体である。身体は罪の源泉であり、真理の認識の障害であるが、他方でその身体の存在こそが、人間に罪の自覚を促し、真理への到達を希求させる。そうした希求を信と呼ぶならば、信はまさに身体という桎梏を必要とする。本書は、「愛」「習慣」「直感」「中間」「賭け」など、『パンセ』の中心主題をめぐるテクストの精読を通じて、パスカルのキリスト教弁証の試みにおける人間の身体、および身体をともなう人間の生の両義的な価値を明らかにする。

はじめに

第一章 愛と邪欲
  1.神への愛
  2.邪欲
  3.自己愛
  4.他者への愛

第二章 習慣と信
  1.信仰の起源としての習慣—実践から信心へ
  2.信仰の障害としての習慣
  3.習慣の必要性

第三章 sentiment−直感、感覚、繊細さ
  1.宗教的直感
  2.自然的直感
  3.身体を起源とする「感覚」
  4.繊細の精神

第四章 「中間」の両義性
  1.「中間」の主題とその意味
  2.「人間の不均衡」の断章
  3.中間者のモラル

第五章 病と死
  1.パスカルの病気
  2.病の象徴的意味と身体の神学的価値
  3.死への態度とキリスト者の位置

第六章 人間の尊厳
  1.「思考」と「気晴らし」
  2.「気晴らし」の倒錯性
  3.死を考えること
  4.「賭け」
  5.来世を望むこと

第七章 無知
  1.正義の無知
  2.学問的真理の無知
  3.自己の運命に関する無知

おわりに

山上浩嗣(ヤマジョウヒロツグ)

大阪大学大学院文学研究科准教授。1966年大阪府生まれ。京都大学文学部卒業。東京大学大学院総合文化研究科博士課程単位取得退学。パリ・ソルボンヌ大学にて文学博士号取得。
専門はパスカルを中心とするフランス近世文学・思想。

NEWS・イベント・書評等

書評・紹介 2015年9月30日

パスカルと身体の生

『フランス哲学・思想研究』(20号,2015年9月,日仏哲学会)にて紹介されました。


書評・紹介 2015年2月17日

『パスカルと身体の生』

『図書新聞』(2/21発売)。パスカルの「護教論」における身体の機能を考察-身体の「逆説」的な役割を明らかにしようと試みる」(評者:野呂康氏)