カート

よく検索される書籍>中国語オンデマンド版 雇用と結婚・出産・子育て支援の経済学リフレクティブ・ダイアローグ暴力の政治民族誌学習意識改革ノート清代回疆社会経済史研究

全ての書籍 人文科学歴史・地理 近世幕府農政史の研究

近世幕府農政史の研究

「田畑勝手作の禁」の再検証を起点に

本城 正徳

紙 版電子版

高校教科書にも登場する通説「田畑勝手作の禁」を問直し、幕府商品作物政策の実情を明らかにする。
従来の近世農政史理解に修正を迫る研究。

出版年月2012年10月01日
ISBN978-4-87259-412-6 C3021
判型・頁数 A5判・392ページ
定価本体5,800円(税込6,380円)
在庫在庫あり
内容紹介
目 次
著者略歴

高校教科書にも登場する通説「田畑勝手作の禁」を問直し、幕府商品作物政策の実情を明らかにする。
従来の近世農政史理解に修正を迫る研究。

序 章 本書の問題関心・課題と構成

第1章 「田畑勝手作の禁」の再検討

第2章 幕府検地・検地条目と商品作物

第3章 紅花と藍作

第4章 綿作と貢租制度

第5章 近世前期幕府商品作物政策の構造と論理

第6章 享保改革期農政と商品作物

第7章 享保改革期貢租政策と石高制=近世貢租体系の変容・転換

終 章 総括と展望

補論1 「田畑勝手作の禁」通説化について

補論2 明治四年「田畑勝手作許可令」について

補論3 畿内諸私領における綿作発展と領主的対応

本城 正徳(ホンジョウ マサノリ)

NEWS・イベント・書評等

書評・紹介 2014年7月16日

『近世幕府農政史の研究』

『社会経済史Vol.80,No.1 2014』(評者:山﨑善弘氏)