カート

よく検索される書籍>一歩進んだ日本語教育概論二重読みされる中華民国サルトル封鎖法の現代的意義アメリカ大統領図書館学習意識改革ノート

全ての書籍 シリーズ・叢書社会科学教育・心理 教育社会学への招待

大阪大学新世紀レクチャー

教育社会学への招待

若槻 健西田 芳正 編集/志水 宏吉 監修

紙 版

教職を目指す学生に,教育の営みを心理学からのアプローチでなく,また問題を子ども個人に帰着させるのでなく,社会の大きな枠組みの中でとらえ返す思考法を教える.学力低下,不登校,逸脱行為など現実の教育課題を題材に,学校の事実や知見を社会学的にとらえる.人権や社会的公正の視点を前に出す.これらの事項をモットーに,十数人の現役の教育学者がわかりやすく論じる.

出版年月2010年04月01日
ISBN978-4-87259-295-5 C3037
判型・頁数 A5判・276ページ
定価本体2,400円(税込2,640円)
在庫品切れ・重版未定
内容紹介
目 次
著者略歴

教職を目指す学生に,教育の営みを心理学からのアプローチでなく,また問題を子ども個人に帰着させるのでなく,社会の大きな枠組みの中でとらえ返す思考法を教える.学力低下,不登校,逸脱行為など現実の教育課題を題材に,学校の事実や知見を社会学的にとらえる.人権や社会的公正の視点を前に出す.これらの事項をモットーに,十数人の現役の教育学者がわかりやすく論じる.

1 章 社会関係の網の目のなかで教育を捉える―現代社会における教育社会学のパースペクティブ―
1.はじめに―「学力低下」にどう対応する?
2.教育社会学のパースペクティブ
3.現代社会における教育社会学の必要性
4.本書の構成
(コラム)若者のコミュニケーションスキルは低下しているか

第一部 教師の仕事と教育社会学
2 章 「めだかの学校」?「雀の学校」?―教師=生徒関係から学級を考える―
1.学級とは何か
2.教師=生徒関係
3.子どもをエンパワーする生徒指導
(コラム)子どもの絵から見えてくる世界
3 章 教師が子どもを「教える」ということ
1.When:いつ「教える」
2.Where & Who:どこで、だれが「教える」
3.What:何を「教える」
4.How:どのように「教える」
5.Why:なぜ「教える」
(コラム)「学習指導案」の意味
4 章 テストの点数は、本当に君の実力か?―学力と不平等―
1.学力をどう捉えるか
2.学力と不平等の理論
3.日本の学力と不平等
4.私たちに何ができるのか
(コラム)PISA を読む
5 章 学校に行くことの意味を問い直す―「不登校」という現象―
1.社会的現象としての「不登校」
2.不登校の定義と長期欠席児童の推移
3.長欠から登校拒否へ─欠席を問題視する構図の転換
4.登校拒否から不登校へ─当事者による欠席行為の問い直し
5.不登校児の「その後」をめぐる諸問題
(コラム)「不登校トラック」の出現?
6 章 現代における子ども問題―非行、いじめ―
1.実体論的立場と関係論的立場からみた逸脱
2.非行
3.いじめ1
4.今後、逸脱についてさらに学んでいくにあたって
(コラム)公式統計データのとらえ方
7 章 障害のある子どもは“特別”な存在か―特別支援教育―
1.はじめに
2.日本の“障害”児教育
3.“障害”とは何か
4.おわりに―問題の多くは、その人の努力の外にある
(コラム)「あたりまえ」を問い直す
8 章 支え合い高め合う教師たちをめざして― 教師集団と学校づくり―
1.学校教育と教師の役割
2.教職と教師集団の特徴
3.教師集団と学校づくりの課題
(コラム)個業性と協働、同僚性

第二部現代社会と教育
9 章 人権は「心」の問題か―同和問題と人権教育―
1.「出自」による差別
2.同和問題のとらえ方と同和教育の課題
3.同和教育の歴史
4.継承すべきもの、創造すべきもの
(コラム)識字・日本語教室と夜間中学
10 章 「女」として育つこと・「男」として育つこと―性差別と教育―
1.性差別は存在するのか―レディースディと女性専用車両
2.教育におけるジェンダーの視点
3.複数の不平等の交差
4.ジェンダー平等な学校づくりのために
(コラム)公的カリキュラムにおける性差別としての家庭科
11 章 貧しい家庭で生まれ育つ子どもの存在から
1.日本の中の貧困、貧困の中の子ども
2.貧困をもたらすもの、貧困がもたらすもの
3.貧困の見え方、貧困の語られ方
4.学校にはできないこと、学校にしかできないこと
(コラム)見えないものを見る
12 章 「もう学校にこなくてもいい」―ニューカマーと教育―
1.ニューカマーとは誰か?
2.言語と学力
3.文化葛藤とアイデンティティ
4.教育支援と学校制度
5.外国人学校と往来する人びと
(コラム)外国人支援の充実
13 章 子どもを共に育てる―学校と地域の連携―
1.はじめに217
2.なぜ学校と地域の連携が必要なのか
3.学校と地域の関係の歴史的変遷
4.連携の意義と目的―教育とコミュニティ形成
5.連携を進めるための鍵
(コラム)ソーシャル・キャピタル
14 章 つながりの教育へ―市民社会と教育―
1.はじめに
2.市民社会論の展開
3.市民社会への関心の高まり―グローバリゼーションと新自由主義
4.イングランドの市民性教育
5.市民性教育と言わない市民性教育―日本における市民性教育
(コラム)ネパールとの交流から

若槻 健(ワカツキ ケン)

甲子園大学総合教育研究機構准教授

西田 芳正(ニシダ ヨシマサ)

大阪府立大学人間社会学部准教授

志水 宏吉(シミズ コウキチ)

大阪大学大学院人間科学研究科教授