カート

よく検索される書籍>一歩進んだ日本語教育概論二重読みされる中華民国サルトル多文化社会の学校と教師教育アメリカ大統領図書館封鎖法の現代的意義

全ての書籍 社会科学総記・一般自然科学総記・一般 大学改革とナノテクノロジーの未来

大学改革とナノテクノロジーの未来

阪大フロンティア研究機構 編集

紙 版

ナノレベルの知恵の階段型未来図を描く

出版年月2002年08月
ISBN978-4-87259-085-2 C1040
判型・頁数 A5判・200ページ
定価本体1,000円(税込1,100円)
在庫在庫僅少
内容紹介
目 次
著者略歴

ナノテクノロジーの未来は,産(開発)と学(研究)の連携の中からしか生まれない.
第一回(2002年度)戦略的研究拠点として文部科学省に選ばれた「阪大フロンティア研究機構(FRC)」の挑戦とは?
今までの大学の常識を超え“世界の常識”を採用した,阪大FRCの組織,運営システムの改革を紹介するとともに,今,産業界の注目の的である,ナノテクノロジーの未来図を示す.

"Ⅰ 大学から世界へ −ヒトとモノの輪をめざして−
(1)阪大FRCから社会へ
阪大FRCは大きな実験場です/新たな学問分野、産業領域の創出が目的です

(2)社会から阪大FRCへのエール
文部科学省から/産学ディスカッション/社会が求める大学のあり方/企業が大学に求めること/産業界が求めること/産学連携の立場から/社会はどんな基礎研究を受け入れるか

(3)そして、阪大FRCから社会へ  私たちは新しい産業を生み出します

Ⅱ 阪大FRCは、まずナノエンジニアセンターをめざす
力で原子を動かす/光でナノを操る/ナノでモノづくり/鎖状金属クラスター錯体の合成と性質/ナノで夢の材料/スピンのロマン
 
Ⅱ 阪大FRCの近未来
−ナノにつづくプロジェクト−
ロボカップ・人間型ロボットリーグの挑戦/森林経済学
"

阪大フロンティア研究機構(ハンダイフロンティアケンキュウキコウ)