カート

よく検索される書籍>タイ語台湾華語はじめてつくる「探究」の授業緒方洪庵と適塾写真家 星野道夫が問い続けた「人間と自然の関わり」外国人介護士と働くための異文化理解

全ての書籍 文学社会 日本昔話の構造と語り手

電子書籍

日本昔話の構造と語り手

川森 博司

紙 版電子版

日本の昔話はこれまでも多く紹介されているが,著者は長期の韓国滞在により集めた韓国民話を自ら翻訳して紹介しており,日本との類似や相違が見られて興味深い.この類似比較によって,伝承民話と共同体との密接な関連や民俗社会の日常的秩序の存在を明らかにしている.
日本の例として、岩手県遠野の地域おこし、観光化としての「昔話の語り」を紹介しながら、地域社会の変貌と今後の課題を探る。
豊富なフィールドワークによって得られた資料をもとに、昔話を構造と語りという二つの側面から見ることによって、日常生活を支えている思考のあり方を探ろうとする意欲作である。

出版年月2000年02月
ISBN978-4-87259-068-5 C3039
判型・頁数 A5判・290ページ
定価本体6,800円(税込7,480円)
在庫品切れ・重版未定
内容紹介
目 次
著者略歴

日本の昔話はこれまでも多く紹介されているが,著者は長期の韓国滞在により集めた韓国民話を自ら翻訳して紹介しており,日本との類似や相違が見られて興味深い.この類似比較によって,伝承民話と共同体との密接な関連や民俗社会の日常的秩序の存在を明らかにしている.
日本の例として、岩手県遠野の地域おこし、観光化としての「昔話の語り」を紹介しながら、地域社会の変貌と今後の課題を探る。
豊富なフィールドワークによって得られた資料をもとに、昔話を構造と語りという二つの側面から見ることによって、日常生活を支えている思考のあり方を探ろうとする意欲作である。

"第1部 日本昔話の構造
1 昔話の構造分析の課題
2 韓国口承説話の分類体系の検討
3 異類婚姻譚の類型分析
4 富の獲得をめぐる昔話
5 来訪者をめぐる昔話

第2部 新しい語り手論に向けて
1 語り手への視点と語りの場の変容
2 観光の場のなかの昔話と語り手
3 岩手県遠野の観光の現場から
4 語り手の実践への視点
"

川森 博司(カワモリ ヒロシ)