カート

よく検索される書籍>学習意識改革ノートリフレクティブ・ダイアローグ中国語マルタ語オンデマンド版 雇用と結婚・出産・子育て支援の経済学アラビア語

全ての書籍 歴史・地理 清代珠江デルタ図甲制の研究

清代珠江デルタ図甲制の研究

片山 剛

紙 版電子版

清末・民国期まで広東省珠江デルタに存続した図甲制の制度的構造、それを支えた社会的基盤を江戸時代の村請との対比を行い解明。

出版年月2018年11月01日
ISBN978-4-87259-613-7 C3022
判型・頁数 A5判・450ページ
定価本体6,600円(税込7,260円)
在庫在庫あり
内容紹介
目 次
著者略歴

明初に中国全土に施行された里甲制(土地税等の公租・公課を徴収する制度)のうち、広東省珠江デルタにおいて清末・民国期まで特殊に存続した図甲制の制度的構造とともに、その構造を支えた社会的基盤を、江戸時代の村請制度と対比しつつ解明。図甲制が、土地税等の徴収・納入制度にとどまらず、華北や華中の歴史と対比した際に浮き彫りになる、珠江デルタの歴史がもつ〝個性〟を解明していく関鍵となることを指摘する。

凡例

序章
                              
第一章 清末の図甲表とそれをめぐる諸問題

第二章 清代図甲制の構造
                         
第三章 清末、図甲制の諸矛盾とその改革(南海県仏山堡)
          
第四章 清末、図甲制の諸矛盾とその改革(香山県)
     
第五章 市場経営と図甲・紳士(順徳県龍山堡)
             
第六章 図甲経営と地域社会(順徳県龍江堡)
               
第七章 清末民国期の立戸・税契・過戸推収―『許舒博士所輯 廣東宗族契據彙録』所収史料を用いて

終章 結論と展望
                       


使用史料一覧

参考文献一覧

あとがき

索引

片山 剛(カタヤマ ツヨシ)

1952年甲府市生まれ。1981年東京大学人文科学研究科第一種博士課程中退(文学修士)。
1981年高知大学人文学部講師、その後、同助教授、大阪大学文学部助教授・教授を経て、現在大阪大学名誉教授。
専攻は近世・近代中国史。