カート

よく検索される書籍>暴力の政治民族誌中国語アメリカ大統領図書館田中敦子と具体美術協会芸術と福祉ドーナツを穴だけ残して食べる方法

全ての書籍 シリーズ・叢書阪大リーブル人文科学文学 フランス児童文学のファンタジー

阪大リーブル 40

フランス児童文学のファンタジー

石澤 小枝子高岡 厚子竹田 順子

紙 版電子版

フランスの昔話、民衆本、妖精物語などからいくつかを初めて翻訳して紹介する。

出版年月2012年12月01日
ISBN978-4-87259-322-8 C1397
判型・頁数 四六判・330ページ
定価本体2,200円(税込2,420円)
在庫在庫あり
内容紹介
目 次
著者略歴

フランスの昔話,民衆本,妖精物語などからまだ
日本に知られていない話を初めて翻訳して紹介す
る.「ふたりのこぶ男」「ジャック爺さん」「エモン
の4人の息子」やドーノア夫人,セギュール夫人,
ショヴォーらの作品.大人も魅了する不思議な世
界,見えない世界をフランス人特有の感性と手法
で現出させる楽しい話.34話収録.フランスの絵
本作家、ジャクリーヌ・デュエムさんのカバーが美
しい.

まえがき

第一章 昔話
はじめに 石澤小枝子

■「灰かぶりのマリ — 灰は身を隠す
■ふたりのこぶ男 —「こぶ取爺」との類似と相違
■白い雌鹿 —「昔話」と「創作」① ドーノワ夫人「森の雌鹿」を例に
■赤ずきん —「昔話」と「創作」② ペロー「赤ずきん」を例に
■ジャック爺さん —「昔話」の力
■ジャンとジャネット — 賢い子どもと愚かな人食い鬼
■半分のにわとり — おおらかな想像力の楽しみ
■悪魔のしっぽ — 何が悪魔に打ち勝ったか

第二章 民衆が好んだ伝説
はじめに 高岡厚子

■メリュジーヌ伝説 — 禁忌を破ると災いを招く(高岡)
■エモンの四人の息子 — 胸躍る騎士物語(石澤)
■恐れを知らぬリシャール公 — 勇名とどろく領主の話(竹田)

第三章 妖精物語の流行
はじめに 竹田順子

1 シャルル・ペロー(石澤)
■ロバの皮 — ロバの皮とはなんだろう
■眠れる森の美女 — 王子のお母さんは人食い鬼!
■妖精たち — ペローの巧みさ

2 レリチエ嬢(竹田)
■ 雄弁の魅力あるいは優しさの効果— 相手を思いやる言葉は、口からこぼれ出る宝石
■ 利口なプリンセスあるいはフィネットの恋愛 — 頼りになるのは自分だけ
■リクダン・リクドン — 奇妙な名前を思い出さなくては!

3 ドーノワ夫人(高岡)
■白い猫 — 猫の頭としっぽを切って幸せをつかんだ王子さま
■黄色い小人 — エピナル版画を読む

4 ベルナール嬢(竹田)
■とさかあたまのリケ — どちらが夫で、どちらが恋人?

5 ド・ラ・フォルス嬢(高岡)
■ペルシネット — グリム「ラプンツェル」の原話

6 シュヴァリエ・ド・マイイ(石澤)
■魔法王 — 魔法と妖精の力、どっちが強い?

7 『フェヌロン(竹田)
■フロリーズの話 — 不幸でもとびきりの美人になりたいか
■アルファルート王とカリフィールの話 — 人の心は目に見えるのか

8 ルプランス・ド・ボーモン夫人(石澤)美女と野獣 — これは異類婚姻譚ではない


第四章 「妖精物語」以降のファンタジー
はじめに 石澤小枝子

1 セギュール夫人(竹田)
■小さな灰色のネズミ — 妖精物語の名残

2 ジョルジュ・サンド(石澤)
■少女ファデット —花開く乙女、愛の妖精

3 アルフォンス・ドーデ(石澤)
■星 —プロヴァンスのある羊飼いの話

4 アナトール・フランス(石澤)
■聖母の軽業師 —汗を拭い給いしマリア

5 レオポルド・ショヴォー(石澤)
■子どもを食べた大きな木の話 —子どもの想像力

6 マルセル・エメ(高岡)
■オオカミ —「赤ずきん」のオオカミは生きていた

7 アンリ・ボスコ(石澤)
■少年と川 — パスカレ少年の物語

8 サン=テグジュペリ(石澤)
■星の王子さま —CD版を聴く

9 ピエール・グリパリ(竹田)
■蛇口の妖精 — 現代のパリに現われた妖精


あとがき
参考文献

石澤 小枝子(イシザワ サエコ)

高岡 厚子(タカオカ アツコ)

竹田 順子(タケダ ジュンコ)