日本近代市制史の本格的な研究として,都市史の研究の進展に大きく寄与する研究書."">
カート

よく検索される書籍>一歩進んだ日本語教育概論二重読みされる中華民国サルトル封鎖法の現代的意義学習意識改革ノート多文化社会の学校と教師教育

全ての書籍 総記・一般政治・法律 近代市制と都市名望家

近代市制と都市名望家

大阪市を事例とする考察

山中 永之佑

紙 版

"社会経済史・政治史の研究をふまえ,日本の近代市制史を,市政にかかわった都市名望家との関連において中央の立法過程と市制の施行過程について,大阪市を事例とし,公文書・記録類を多く使用して分析したものである.
日本近代市制史の本格的な研究として,都市史の研究の進展に大きく寄与する研究書."

出版年月1995年01月
ISBN978-4-87259-011-1 C3021
判型・頁数 A5判・402ページ
定価本体8,000円(税込8,800円)
在庫品切れ・重版未定
内容紹介
目 次
著者略歴

"社会経済史・政治史の研究をふまえ,日本の近代市制史を,市政にかかわった都市名望家との関連において中央の立法過程と市制の施行過程について,大阪市を事例とし,公文書・記録類を多く使用して分析したものである.
日本近代市制史の本格的な研究として,都市史の研究の進展に大きく寄与する研究書."

1章 市制特例撤廃運動と都市名望家
市制特例施行前における大阪の都市制度/予選体制の形成と都市名望家/市制特例撤廃運動と都市名望家/帝国議会における市制特例廃止の経過
2章 明治44年市制・町村制改正と地方改良運動
地方改良の意義/市政改革運動の展開と明治44年市制/市制改正における政府・官僚案と大阪市民会案の一致の論理
3章 池上・関大阪市政の制度的基盤
明治44年市制改正と都市行政専門官僚制の形成/大正・昭和期の市制改正と池上・関市政の制度的基盤の強化

山中 永之佑(ヤマナカ エイノスケ)