カート

よく検索される書籍>一歩進んだ日本語教育概論二重読みされる中華民国多文化社会の学校と教師教育サルトル学習意識改革ノート封鎖法の現代的意義

全ての書籍 書籍検索人文科学語学社会 日米社会と「多層的」少数者のディスコース分析

電子書籍

日米社会と「多層的」少数者のディスコース分析

性的・民族的アイデンティティの「はざま」で

木場 安莉沙

紙 版電子版

日米社会に生きる性的/民族的少数者のナラティブに表れるディスコースの交錯と、アイデンティティの構築を考察。

出版年月2023年12月08日
ISBN978-4-87259-781-3 C3080
判型・頁数 A5判・206ページ
定価本体4,100円(税込4,510円)
在庫在庫あり
内容紹介
目 次
著者略歴

日系人強制収容経験やクィアネスは、集合的アイデンティティの象徴として、どのようにマイノリティのナラティブに取り入れられるのか――

日本や米国社会に生きる性的/民族的少数者の語りに多様なディスコースの交錯を見出し、アイデンティティがいかに構築されているかをインタビューの質的分析を通して明らかにする。具体的には、性的少数者の会話の中に見られる、カミングアウトをめぐる困難や異性愛規範(ヘテロノーマティヴィティ)を切り抜けるストラテジーについて語ることで同意、共感が構築されるナラティブや、ヘテロノーマティヴィティの不可視化・後景化によって内在的ヒエラルキーが強調されるナラティブなどについて分析を行った。また、多層的少数者の語りにおいて、集合的アイデンティティの象徴としての日系人強制収容経験、Japanese-nessや政治性を帯びたクィアネス等が、どのように人々のナラティブに取り入れられ、時には連帯、時には他者化の動力となるのかについても丁寧に考察する。

第1章 序論
1.1 はじめに
1.2 本書の構成

第2章 先行研究とその課題:性的/民族的少数者をめぐるディスコース研究
2.1 性的少数者をめぐる研究とディスコース
2.2 日系アメリカ人をめぐる研究とディスコース
2.2.1 日系アメリカ人:その歴史とアイデンティティの変遷
2.2.2 日本人長期滞在者:世代差やその他の要因による差
2.2.3 日系・日本人とその他エスニックグループとの関係
2.3 アイデンティティの「複合」:性的/民族的少数者をめぐるディスコースの交錯

第3章 本書の課題と目的:アイデンティティの多層性
3.1 先行研究における問題点:多層的な「個」としての少数者
3.2 本研究の課題と目的:アイデンティティの個別性と集合性

第4章 本研究における分析の枠組み
4.1 分析手法・理論的枠組み
4.1.1 ディスコース分析(談話分析)
4.1.2 ナラティブ(語り)とアイデンティティ
4.1.3 shared meaningとスキーマ
4.1.4 他者と他者化(アザーリング)
4.2 リサーチ・クエスチョン
4.3 研究の方法と対象者

第5章 データ分析① 日本での調査
5.1 セクシュアリティをめぐる多数者と少数者の対立
5.2 性的少数者間の対立・軋轢・排除:コミュニティ内の他者化、不可視化
5.3 性的少数者間の対立・軋轢・排除:エスニシティと文化の差異
5.4 分析と考察:語りから見えた、性的少数者が経験する問題
5.5 本章のまとめ

第6章 データ分析② 米国での調査
6.1 日系・日本人間の差異① 強制収容所をめぐる「自己」と「他者」
6.2 日系・日本人間の差異② 誰が“Japanese”なのか
6.3 性的/民族的アイデンティティの交錯:“queer”とエスニシティ
6.4 分析と考察:集合的アイデンティティとしての「日系・日本人」及び「クィア」
6.5 本章のまとめ

第7章 語りの総括:日米少数者の語りから見えたもの
7.1 日本の性的少数者による語りから:個人的マイノリティ性
7.2 米国の日系・日本人と/である性的少数者の語りから:集合的マイノリティ性

第8章 リサーチ・クエスチョンへの解:「生きのびる」ストラテジー

第9章 結語

付録  
トランスクリプト記号  
参照文献  

木場 安莉沙(コバ アリサ)

2020年大阪大学大学院言語文化研究科博士後期課程修了(言語文化博士)。
2023年現在名古屋文理大学フードビジネス学科助教。
(主論文)「メディアに見る性的少数者の表象―再名づけの実践とイデオロギーの戦略―」『年報カルチュラル・スタディーズ』第7号(カルチュラル・スタディーズ学会、2019年)、“Discourse of Native-speakerism in Japan” PanSIG Journal 2019(The Japan Association for Language Teaching、2020年)、 “Discursive othering of Asian Americans: A preliminary reflection of a foreshadowing COVID-19’ related hate” Language, Discourse & Society 9(17)(International Sociological Association、2021年)。