カート

よく検索される書籍>とまどう男たち―死に方編女たちの満洲人工妊娠中絶をめぐる心のケア大阪とくすりアーミッシュキルトを訪ねてオンデマンド版 雇用と結婚・出産・子育て支援の経済学

全ての書籍 介護サービスと市場原理

介護サービスと市場原理

効率化・質と市民社会のジレンマ

金谷 信子

紙 版

本書は準市場化された日本の介護保険サービス事業の導入から最近までの非営利組織と営利組織の行動を分析し示したものである。

出版年月2022年02月28日
ISBN978-4-87259-744-8 C3036
判型・頁数 A5判・266ページ
定価本体4,200円(税込4,620円)
在庫在庫あり
内容紹介
目 次
著者略歴

利用者、提供者にとって良質なサービスの維持には何が必要なのだろうか。2000(平成12)年4月に施行さた介護保険制度には準市場が取り入れられ、効率的に質の高い介護サービスを供給することを目的に、公的、非営利、営利の多様な事業者が参入して競争することとなった。本書は20年以上を経た日本の介護保険サービス事業の導入から最近までの非営利組織と営利組織の行動を分析し示したものである。利用者にとって良い介護サービスとは、何を指標に比較し判断できるのか。地域差のある市場、経営主体別にみたとき、営利法人と単一カテゴリーとして扱うことが難しい非営利法人のサービスの質にはどのような差と要因があるのか。また、事業者のクリームスキミング志向の行動は起きているのか。利用者数に影響する要因は何か。複数の要因とサービスの質との関連性を明らかにし、効率化のメリットとデメリット、介護サービス市場の展望を示した。事業者の利益拡大のなかで利用者への公平性・公正性を保ち、サービスの質を落とさないために、また、介護職員の労働環境を守ることの意義も分析している。介護保険制度という公共サービスにおいて、非営利組織と営利組織が競争するという仕組みがどのように機能してきたのか、現場が参考にすべき研究成果である。

序 章 公共サービスの大競争時代
1 本書の目的と研究動機―準市場と市民社会の交差―
2 介護保険制度の特徴と介護保険サービス市場の実態
3 公共サービスの市場化の背景― NPMの影響―
4 公共サービスの民営化と非営利組織
5 準市場とは
6 介護保険サービスという準市場の課題
7 本書の意義
8 各章の説明
第1章 介護保険サービス市場と様々な参入事業者の現状
1 介護保険制度とは
第2章 介護保険サービス市場における非営利事業者のシェア
1 はじめに
2 準市場における非営利組織・営利組織に関する先行研究
3 介護保険市場の特性と分析視角
4 訪問介護の場合
5 デイサービスとグループホームの場合
6 3つの 推定結果のまとめと考察
7 おわりに

金谷 信子(カナヤ ノブコ)

広島市立大学国際学部教授。大阪大学大学院国際公共政策研究科修了(博士)。
専門は、非営利組織論、公共政策、社会政策。兵庫県職員を経て2008 年から広島市立大学に勤務。主な著書は『福祉のパブリック・プライベート・パートナーシップ』(日本評論社,2007)など。