カート

よく検索される書籍>ヨーゼフ・ラスカと宝塚交響楽団一歩進んだ日本語教育概論はじめてつくる「探究」の授業学習意識改革ノート台湾華語緒方洪庵と適塾

全ての書籍 社会歴史・地理 新装版 古代中国の犬文化

新装版 古代中国の犬文化

食用と祭祀を中心に

桂 小蘭

紙 版

犬を祀り食用とするこの中国の習慣を,陰陽五行思想や中国伝統医学との関連から詳細に調査し,古代から現代までを追った初めての書

出版年月2020年09月30日
ISBN978-4-87259-720-2 C3039
判型・頁数 A5判・414ページ
定価本体6,000円(税込6,600円)
在庫在庫あり
内容紹介
目 次
著者略歴

〇前著は2005年に刊行。このたび新装版として15年ぶりに刊行する。
〇古代中国における犬食の習慣は歴史が長く,奥行きが広く,陰陽五行思想や忠君,敬老,養生および等級制度といった中国独特の礼文化に根ざしたものであり,まさに一種の食文化,食の思想といえる.
 本書は犬を祀り食用とするこの中国の習慣を,陰陽五行思想や中国伝統医学との関連から詳細に調査し,古代から現代までを追った初めての書である.

第1篇  犬の食用
1 古代祭祀儀礼と犬食の習俗
2 陰陽五行と犬食の習俗
3 古代中国における犬食の習俗

第2篇  犬による祭祀
1 犬と祭祀
2 犬と鬼やらい

第3篇  犬文化の衰退
1 中古時代以降における犬文化の変容

桂 小蘭(ケイショウラン)

国立民族博物館外来研究員・中山大学族群研究センター客員研究員