カート

よく検索される書籍>中国語オンデマンド版 雇用と結婚・出産・子育て支援の経済学学習意識改革ノート暴力の政治民族誌リフレクティブ・ダイアローグマルタ語

全ての書籍 自然科学数学・物理学 相対論的多体系としての原子核

相対論的多体系としての原子核

相対論的平均場理論とカイラル対称性

土岐 博保坂 淳

紙 版電子版

基礎から解説し湯川理論・カイラル対称性・南部理論へと新しい真の原子核の描像を描き出す、学部4年生~修士1年生向けの教科書

出版年月2011年12月01日
ISBN978-4-87259-390-7 C3042
判型・頁数 A5判・158ページ
定価本体2,000円(税込2,200円)
在庫在庫僅少
内容紹介
目 次
著者略歴

素粒子・原子核物理学において「対称性」は,自然法則の理解を先に進めるために重要な役割をもっている.基礎から解説し湯川理論,カイラル対称性,南部理論へと,新しい真の原子核の描像を描き出す.
面白い段階にある原子核物理を学び,「大学4年生,大学院修士1年生向けの教科書」として読み手と興味を共有しながら,徐々に説くよう試みている.このような日本語の本は他に類をみない.

第1 章序:強い相互作用をする系の面白さ

第2 章原子核の常識
2.1 原子核の質量
2.2 原子核の飽和性:

第3 章マジック数とスピン軌道力
3.1 マジック数:
3.2 強いスピン軌道力:

第4 章相対論的量子力学
4.1 シュレーディンガー方程式:
4.2 クライン・ゴルドン方程式:
4.3 ディラック方程式:
4.4 ディラック方程式のスピン軌道力:
4.5 自然単位系と共変的に書かれたディラック方程式
4.6 ディラック方程式から導出されるカレント

第5 章場の理論における核子と中間子
5.1 粒子の運動と古典場の導入
5.2 場の量子論におけるラグランジアン
5.3 実スカラー場の量子化
5.4 場の理論における相互作用
5.5 アイソスピン

第6 章原子核の相対論的記述
6.1 原子核の-! 模型
6.2 フェルミオン場の第二量子化
6.3 核物質の性質
6.4 中性子星

第7 章原子核の構造
7.1 模型を使った平均場理論による原子核
7.2 有限核の計算結果と実験との比較

第8 章カイラル対称性
8.1 パイオンの基本的な性質
8.2 カイラリティー
8.3 対称性と保存カレント
8.4 カイラル変換:

第9 章線形シグマ模型
9.1 核子と中間子のラグランジアン:
9.2 湯川型相互作用

第10 章南部-ゴールドストーンの定理と質量生成機構
10.1 線形 模型のラグランジアン
10.2 カレント

第11 章南部-ヨナラシニオ(Nambu-Jona-Lasinio) 模型
11.1 平均場近似と質量生成:
11.2 南部-ゴールドストーンの定理

第12 章原子核におけるカイラル対称性
12.1 線形 模型による原子核の記述

第13 章原子核と量子色力学
13.1 カイラル対称性の申し子であるパイオン
13.2 パイオンの原子核における働き
13.3 原子核の物理

土岐 博(トキ ヒロシ)

大阪大学名誉教授

保坂 淳(ホサカ アツシ)

大阪大学核物理研究センター教授

お客様向け情報

電子書籍案内

電子版は「シナノブック・ドットコム」で発売中です
http://www.shinanobook.com/