カート

よく検索される書籍>学習意識改革ノート[改訂版]日本語教育学の歩き方一歩進んだ日本語教育概論マルタ語[新装版]脱・日本語なまり現代中国語における“是”とモダリティ

全ての書籍 歴史・地理医学・歯学・薬学 大阪とくすり

大阪とくすり

米田 該典

紙 版電子版

薬の歴史をその技術的発展と共に、流通から医学教育、薬業界の変遷まで、総合的に記した書籍。正倉院の薬品分析の話題は貴重な報告。

出版年月2002年02月01日
ISBN978-4-87259-081-4 C1040
判型・頁数 A5判・156ページ
定価本体1,500円(税込1,650円)
在庫品切れ・電子版あり
内容紹介
目 次
著者略歴

薬の歴史をその技術的発展と共に、流通から医学教育そして薬業界の変遷まで、総合的に書かれた本邦初の著作。正倉院の薬品分析の話題は貴重な報告である。
天下の台所といわれた大阪に他の商品と共に薬品が集散、いまも道修町に薬会社があること、そこから必要な教育や検査方法が生まれていった様子、医薬分業の制度の成り立ちなど、私たちに身近なそして重要な問題をも取り上げている。

1章 くすりの伝来と「難波のくすし」
2章 蘭方薬の導入と道修町
3章 近代の薬学教育と薬事制度
  1 薬学教育の始まり   
  2 薬制・医制の確立と法整備
  3 明治前期の薬事関連制度と業界の変容
4章 大正・昭和期大阪の製薬業の推移

米田 該典(ヨネダ カイスケ)

1943年 兵庫県に生まれる
1970年 大阪大学大学院薬学研究科博士課程中退
現在 大阪大学大学院薬学研究科助教授