職員採用情報 書籍検索 書籍一覧 シリーズ・叢書 阪大リーブル 共通教育シリーズ 大阪大学総合学術博物館叢書 世界の言語シリーズ シリーズ人間科学 大阪大学新世紀レクチャー 人文科学 総記・一般 文   学 語   学 芸   術 哲学・思想・宗教 歴史・地理 社会科学 総記・一般 政治・法律 経済・経営 社   会 教育・心理 自然科学 総記・一般 数学・物理学 生物学・環境 化   学 天文・地学 建築・土木 機械・金属 電気・電子 情報・通信 医学・歯学・薬学 大阪大学関連 適塾・懐徳堂関連
オンデマンド(少部数)出版のご案内
電子書籍
日本図書館協会選定図書
サポート情報
岸本忠三出版助成
出版支援制度
Twitter
facebook

お問合わせ

書籍に関するお問い合わせ、その他のお問い合わせについては、下記のお問い合わせフォームよりお願いいたします。電話でのお問い合わせも受け付けております。

詳細を見る

TEL06-6877-1614
FAX06-6877-1617

ヘンリー・A・ウォーレス

孤高の政治家が目指した核なき世界

在庫あり
島本マヤ子
A5判 300ページ 上製
定価5500円+税
ISBN978-4-87259-719-6 C3031
奥付の初版発行年月:2020年11月

内容紹介
目次
著者略歴

内容紹介

もしトルーマンではなくウォーレスが大統領になっていたら、世界の歴史は変わっていたかもしれない――
ルーズベルト政権下で農務長官、副大統領を歴任したウォーレスは、豊富な科学知識やアインシュタインら科学者との信頼関係をもとに、世界平和を見据えた原子力技術管理、権利や利益を独占しない市民国家としてのアメリカを構想していた。しかし、男女平等、黒人差別撤廃、反植民地主義などのリベラルで進歩的な世界観は当時のアメリカ国内で孤立し、ウォーレスは表舞台から放逐されて、アメリカは原爆投下、そして冷戦への道をたどることになった――。歴史の分かれ目からこぼれた知られざる孤高の政治家の姿を明らかにする。 

目次

序章 ウォーレスはなぜアメリカの核独占に反対したか

第1章 ウォーレスの政治経歴と先行研究
1 ヘンリー・A・ウォーレスの生涯
2 ヘンリー・ウォーレスに関する研究
3 本書の立場

第2章 ウォーレスと原爆科学者との接点
1 政策決定の初期過程
2 マンハッタン計画の開始
3 軋み始める英米関係

第3章 ウォーレスの世界秩序はどのように構想されたのか
1 ニールス・ボーアが唱えた異議
2 スティムソン提案に対する反応
3 科学者らの懸念
4 トルーマン大統領に対する国民の反応
5 演説「原子力時代の意義」

第4章 ウォーレスの原子力時代構想
1 三か国共同宣言
2 バーンズ国務長官の原子力政策
3 上院委員会における国際管理に関する議論
4 ウォーレスの原子力構想
5 国連原子力委員会の設立

第5章 冷戦戦士に挑戦して
1 衰退していく国際主義
2 対ソ強硬政策
3 冷戦戦士に挑む
4 孤高の異端者ウォーレス

終章 統一された世界を目指して

エピローグ
1 ジャーナリストとして再出発
2 ウォーレスの原子力計画
3 進歩党の敗北
4 スティムソン、見解を語る
5 ウォーレスの死亡記事

付録・別表
参考文献
あとがき
索引 

著者略歴

島本マヤ子(シマモトマヤコ)
大阪大学招聘研究員。大阪外国語大学大学院外国語研究科英語専攻博士前期課程修了。大阪大学大学院言語文化研究科言語社会専攻博士後期課程修了。博士(言語文化)。
主な著書(いずれも共著)に、Historical Dictionary of Japanese Foreign Policy(Lanham, MD,2015)、『アジア太平洋地域の政治・社会・国際関係・歴史的発展と今後の展望』(明石書店、2018年)、『日本とフィンランドの出会いとつながり』(大学教育出版、2019年)等がある。
専門は冷戦初期のアメリカ史、日米原子力政策。

(上記内容は本書刊行時のものです。)