書籍検索 書籍一覧 シリーズ・叢書 阪大リーブル 共通教育シリーズ 大阪大学総合学術博物館叢書 世界の言語シリーズ 大阪大学新世紀レクチャー 人文科学 総記・一般 文   学 語   学 芸   術 哲学・思想・宗教 歴史・地理 社会科学 総記・一般 政治・法律 経済・経営 社   会 教育・心理 自然科学 総記・一般 数学・物理学 生物学・環境 化   学 天文・地学 建築・土木 機械・金属 電気・電子 情報・通信 医学・歯学・薬学 大阪大学関連 適塾・懐徳堂関連
オンデマンド(少部数)出版のご案内
電子書籍
日本図書館協会選定図書
サポート情報
岸本忠三出版助成
出版支援制度
Twitter
facebook

お問合わせ

書籍に関するお問い合わせ、その他のお問い合わせについては、下記のお問い合わせフォームよりお願いいたします。電話でのお問い合わせも受け付けております。

詳細を見る

TEL06-6877-1614
FAX06-6877-1617

漂流の演劇

維新派のパースペクティブ

未刊・予約受付中
永田 靖
四六判 400ページ 上製
定価3000円+税
ISBN978-4-87259-693-9 C1074
奥付の初版発行年月:年月

内容紹介
目次
著者略歴

内容紹介

大阪を拠点に活動してきた劇団「維新派」について、研究者や演劇人、建築家らによって多角的な視点から考察した書。演劇史、美術史(特に関西の前衛芸術)における維新派の立ち位置を分かりやすく概説するばかりではなく、維新派の文学的価値や音楽や言語・身体論、都市論からもその魅力に迫る。維新派の記憶と歴史を様々なかたちで後世に引き継ぐべく、維新派を読み解くひとつの鍵として提示し、理解を深める書を目指す。 

目次

序章            
Ⅰ 劇場×芝居
★ 維新派のアジア―『台湾の、灰色の牛が背のびをしたとき』を中心に―(永田靖)
★ 維新派と一九二〇年代のドイツ・アヴァンギャルドたち(市川明)
★ 方向/演出を模索する ―地図化、物質性、演劇生態―(アンドリュー エグリントン)
★ 場所との対話 ―劇団維新派のサイトスペシフィック・パフォーマンス―(須川渡)
Ⅱ 音楽×言語
★ 『呼吸機械』(二〇〇八)―声とスケールの劇―(細馬宏通)
★ すれちがいの意味論 ―維新派のことばと相互行為―(福島祥行)
★ 記録メディアとしてのパフォーマンス台本に関する試論―維新派『nostalgia』の上演台本の創造性(古後奈緒子)
Ⅲ 時代×都市
★ 「瞳は精神よりも欺かれることが少ない」―大阪と美術家/松本雄吉の周辺をめぐって―(橋爪節也)
★ 立ち続けることの快楽―芸能史から見た維新派―(小林昌廣)
★ No Country for Old Men―海外の視点から見た維新派―(マーク コーディ ポールトン)
★ 美術と演劇の間―具体美術協会と維新派との接点をさぐる―(加藤瑞穂)
★ 焼酎の入った透明の瓶(家成俊勝)
★ 「わたしはこの町を知らない」―松本雄吉とノスタルジー―(酒井隆史)
Ⅳ 旅×松本雄吉
★ ストリップ小屋の楽屋で熱中した、松ちゃんの「漢字当てゲーム」 ―松本雄吉との出会い、そして『日本維新派』―(若一光司)
★ 踊ろう、朝まで、その地図で。―演出家・松本雄吉(作品「PORTAL」を通じて)―(林慎一郎)
★ 幻の維新派天草公演 ―松本雄吉の帰郷―(五島朋子)
★ 松本雄吉とその時代(塚原悠也)
あとがき 

著者略歴

永田 靖(ナガタ ヤスシ)


(上記内容は本書刊行時のものです。)