書籍検索 書籍一覧 シリーズ・叢書 阪大リーブル 共通教育シリーズ 大阪大学総合学術博物館叢書 世界の言語シリーズ 大阪大学新世紀レクチャー 人文科学 総記・一般 文   学 語   学 芸   術 哲学・思想・宗教 歴史・地理 社会科学 総記・一般 政治・法律 経済・経営 社   会 教育・心理 自然科学 総記・一般 数学・物理学 生物学・環境 化   学 天文・地学 建築・土木 機械・金属 電気・電子 情報・通信 医学・歯学・薬学 大阪大学関連 適塾・懐徳堂関連 平成30年度科研費「学術図書」出版支援
出版支援制度
電子書籍
日本図書館協会選定図書
サポート情報
オンデマンド(少部数)出版のご案内
Twitter
facebook

お問合わせ

書籍に関するお問い合わせ、その他のお問い合わせについては、下記のお問い合わせフォームよりお願いいたします。電話でのお問い合わせも受け付けております。

詳細を見る

TEL06-6877-1614
FAX06-6877-1617

発話冒頭における言語要素の語順と相互行為

在庫あり
伊藤翼斗 著
A5判 300ページ 上製
定価6000円+税
ISBN978-4-87259-583-3 C3081
奥付の初版発行年月:2018年02月

内容紹介
目次
著者略歴

内容紹介

日常会話の発話冒頭で直観的に用いられる「えっ」「なんか」「でも」「えーと」等の言語要素が複数使用される際の順序について会話分析の手法を用いて分析し、順序規則と会話の進行における役割を明らかにする。 

目次

第1章 複数の発話冒頭要素を分析することの意味

第2章 発話の冒頭を分析すること

1.会話の性質

2.会話分析研究

  2.1.歴史的変遷

  2.2.参与者の指向

  2.3.行為と連鎖組織

  2.4.会話における時間の経過

      2.4.1.並び方

      2.4.2.投射

3.発話冒頭の重要性

  3.1.ターンの構成
 
  3.2.発話冒頭の働き

  3.3.冒頭要素の研究

4.発話の冒頭が投射すること

  4.1.投射の内実

      4.1.1.発話の継続
 
      4.1.2.行為

      4.1.3.統語的形状

      4.1.4.語の選択

      4.1.5.次話者

  4.2.投射の役割と各内実の関係

  4.3.予測と異なる事態が生じた場合

5.冒頭要素を扱うに関わる近接研究領域

  5.1.談話標識の研究

  5.2.感動詞の研究

  5.3.フィラーの研究

  5.4.あいづちと応答詞の研究

  5.5.語用論的周辺部の研究

  5.6.本書の着眼点

3章 分析の方法

1.データについて

  1.1.コーパスの利用の問題点

    1.1.1.参与者の属性や関係の不透明さ

    1.1.2.参与者の属性の偏り

    1.1.3.録音されているという 状況が参与者に与える影響

  1.2.データの概要

2.分析の手順と概念

第4章 冒頭要素の二分類

1.遡及指向要素と後続指向要素

  1.1.分類基準

  1.2.順序規則の全体像

2.遡及指向要素と後続指向要素の順序

  2.1.遡及指向要素から後続指向要素へ

  2.2.隣接性からみた事例事例の検討

  2.3.逆順で用いられている事例

3.連続使用可能性

第5章 遡及指向要素

1.遡及指向要素の性質

2.遡及指向要素に関わるこれまでの研究

  2.1.トラブルへの対処に関わるもの

  2.2.価値付けに関わるもの

  2.3.承認に関わるもの

3.共通する特徴

4.複数使用と順序

  4.1.連鎖環境

    4.1.1.トラブルにより遅延していた反応

    4.1.2.想定外を含む反応求めに対する反応

  4.2.複数使用の必要性

  4.3.認識の不一致と使用順序

第6章 後続指向要素

1.後続指向要素の性質

2.後続指向要素に関わるこれまでの研究

  2.1.連鎖の起点としての気付きに関わるもの

  2.2.呼びかけに関わるもの

  2.3.接続に関わるもの

  2.4.態度表明に関わるもの

  2.5.サーチに関わるもの

3.共通する特徴

  3.1.順序に関わる分類に向けて

4.複数使用と順序

  4.1.断絶

  4.2.断絶をマークする冒頭要素が用いられる環境

    4.2.1.挿入からの復帰

      問題解決の連鎖からの退出

      説明の連鎖からの退出

      やり直し

      挿入からの復帰が意味することと「聞くこと」への動機づけ

    4.2.2.関連する複数のものへの言及

    4.2.3.直前とは異なる新しい連鎖の開始

      会話の開始から用件へ

      会話の前終結への移行

       会話の全域的構造への効果貢献

    4.3.断絶をマークする要素と順序

第7章 発話冒頭要素が担う働き

1.発話冒頭要素の順序

2.発話冒頭要素の利用

    2.1.会話に現れる「非文法」

    2.2.リソースとしての発話冒頭要素

      2.2.1.自己修復

      2.2.2.引用

      2.2.3.立ち遅れ反応

    2.3.「始まり」をマークすること

3.使われる規則

4.檻としての語順から塀としての語順へ

第8章 結論 時間の進行と発話の組み立て

1.行為を示す道具としての順序規則

2.言葉を発するには時間がかかるということ

3.発言するということ

4.発展的研究の可能性

5.学術的意義と実践的意義
 

著者略歴

伊藤翼斗(著)(いとうよくと)
京都工芸繊維大学 基盤科学系 講師

島根県生まれ。
大阪大学大学院博士前期課程在籍時に、韓国の大邱観光高等学校で日本語教育に携わる。後に大阪大学大学院博士後期課程を修了し、現職。博士(日本語・日本文化)(大阪大学)。研究領域は会話分析、日本語教育、質的研究。
主著として「韓国の高等学校における自律学習を目指した個別学習授業の取り組み」(2008)『日語教育』第46号,韓国日本語教育学会pp.125-143、「「始まり」のリソースとしての発話冒頭要素」(2013)『EX ORIENTE』第20号,大阪大学言語社会学会,pp.67-90.等

(上記内容は本書刊行時のものです。)