書籍検索 書籍一覧 シリーズ・叢書 阪大リーブル 共通教育シリーズ 大阪大学総合学術博物館叢書 世界の言語シリーズ 大阪大学新世紀レクチャー 人文科学 総記・一般 文   学 語   学 芸   術 哲学・思想・宗教 歴史・地理 社会科学 総記・一般 政治・法律 経済・経営 社   会 教育・心理 自然科学 総記・一般 数学・物理学 生物学・環境 化   学 天文・地学 建築・土木 機械・金属 電気・電子 情報・通信 医学・歯学・薬学 大阪大学関連 適塾・懐徳堂関連
オンデマンド(少部数)出版のご案内
電子書籍
日本図書館協会選定図書
サポート情報
岸本忠三出版助成
出版支援制度
Twitter
facebook

お問合わせ

書籍に関するお問い合わせ、その他のお問い合わせについては、下記のお問い合わせフォームよりお願いいたします。電話でのお問い合わせも受け付けております。

詳細を見る

TEL06-6877-1614
FAX06-6877-1617

阪大リーブル65

古墳時代に魅せられて

在庫あり
都出 比呂志 著
四六判 232ページ 並製
定価1700円+税
ISBN978-4-87259-447-8 C1320
奥付の初版発行年月:2018年12月

内容紹介
目次
著者略歴

内容紹介

著者が考古学ーとりわけ古墳時代―に興味を抱き、研究してきた跡をたどりながら、市民は何に関心を求めているのかを追求する。なぜ古いむかしを研究するのか。クニが生まれる前から人は暮らし、富を得てクニが誕生すると貧富の差が出来、支配・被支配の人間関係が生まれて戦争へと向かっていく。その歴史を遺物や遺跡を直接見ることによって、現代人は自分たちの問題が見えてくるのではないかと著者はいう。 

目次

はじめに
狩人バチから埴輪へー昆虫少年が歩んだ道 
Ⅰ部 考古学から現代を考える 
1章「歴史は何の役に立つの?」 
2章 日本考古学の国際化 
3章現代に生きる考古学 
4章 アイルランドの水 

Ⅱ部クニのはじまり 
5日章日本文化起源論と歴史学 
6章弥生人とノロシ 
7章 古墳が作られた時代 
8章 継体朝という時代ー鉄をめぐる争い 
おわりに - 古墳時代と成熟した国家の違い 

著者略歴

都出 比呂志(著)(ツデ ヒロシ)
1942年大阪生まれ、68年京都大学博士課程中退 京都大学助手 滋賀大学助教授をへて大阪大学教授 1989年浜田青陵賞受賞、『王領の考古学』(岩波新書、2000年、『前方後円墳と社会』塙書房、2005年他多数

(上記内容は本書刊行時のものです。)

受賞・書評情報


2019年3月30日
『古墳時代に魅せられて』

書評
「都出考古学」のエッセンス:「図書新聞(3394号)」に書評が掲載されました。(評者:新庄孝幸氏)