書籍検索 書籍一覧 シリーズ・叢書 阪大リーブル 共通教育シリーズ 大阪大学総合学術博物館叢書 世界の言語シリーズ 大阪大学新世紀レクチャー 人文科学 総記・一般 文   学 語   学 芸   術 哲学・思想・宗教 歴史・地理 社会科学 総記・一般 政治・法律 経済・経営 社   会 教育・心理 自然科学 総記・一般 数学・物理学 生物学・環境 化   学 天文・地学 建築・土木 機械・金属 電気・電子 情報・通信 医学・歯学・薬学 大阪大学関連 適塾・懐徳堂関連
出版支援制度
電子書籍
日本図書館協会選定図書
サポート情報
オンデマンド(少部数)出版のご案内
Twitter
facebook

お問合わせ

書籍に関するお問い合わせ、その他のお問い合わせについては、下記のお問い合わせフォームよりお願いいたします。電話でのお問い合わせも受け付けております。

詳細を見る

TEL06-6877-1614
FAX06-6877-1617

コンフリクトの人文学1

コンフリクトの人文学 第1号

在庫あり
大阪大学グローバルCOEプログラム 編
A5判 356ページ 並製
定価2200円+税
ISBN978-4-87259-350-1 C3036
奥付の初版発行年月:2009年03月

内容紹介
目次
著者略歴

内容紹介

本書は、グローバルCOEプログラム「コンフリクトの人文学国際研究教育拠点」の主要活動の一つとして創刊されたものである。流動や変貌の激化する現代社会における軋轢や葛藤、摩擦や紛争、異文化間のコミュニケーションなどの分析と諸問題への取組みを、「横断的な知」と「臨床的な知」に基づいて行うとし、専門諸分野や研究対象となる諸地域・諸言語により分断されてきた従来の人文学とは異なる、新しい人文学を構想したものである。

(創刊の辞より一部抜粋・要約)
 

目次

第1号目次

創刊の辞 (鷲田清一)
はじめに (小泉潤二)

セミナー論文
----------------------------------------------------------------------------------
■セミナー論文① 『暴力の記憶と民主主義の確立-ペルーの経験から考える』(サロモン・レルネル・フェブレス)

解題(染田秀藤)

特集-ダルフール紛争

■セミナー論文②『アフリカにおける紛争予防と人間の安全保障-ダルフールの事例』(フセイン・ソロモン)

■セミナー論文③『ダルフール紛争-人間生態学と地域の視点から』(モハメド・サリ)

解題 『ダルフール紛争-いかに理解し、いかに対応するか』(栗本英世)

■セミナー論文④『生権力とセクシュアリティー』(檜垣立哉)


論文
------------------------------------------------------------------------------------------------
■『オーセンティシティの多様化論再考-秋田のカトリック巡礼地「聖体奉仕会」を事例に(藤原久仁子)


研究ノート
------------------------------------------------------------------------------------------------
■『現状打破の手段としてのヒップホップ-チェコのジプシー音楽グループ、Gipsy.czの事例より(唐澤佑子)


調査報告
------------------------------------------------------------------------------------------------
■『欧州における芸術と社会運動の現在(1)』(吉澤弥生)

■『ブルガリアの「現代アート」とアーティストたちのコンフリクト』(登久希子)

■『韓国華僑学校の民族教育に関する研究調査報告-中華民国(台湾)との国交断絶前後の変化に注目して(石川朝子)


資料と通信
----------------------------------------------------------------------------------
■『ロンドン大学東洋アフリカ学院(SOAS)におけるアジア・アフリカ法研究及び教育の動向-ヴェルナー・メンスキー教授との交流を中心に(石田慎一郎・河村有教)

■『ルーヴェン・カトリック大学との研究協同に向けて-「トラジショナル・ジャスティスと人権」研究の動向を中心に(河村有教)

■『「深く根ざした」紛争への取り組み-ジョージ・メイソン大学紛争分析・解決研究所における研究・教育活動から(高野さやか)

■国際会議『グローバリゼーション、差異、人間の安全保障』(峯陽一)


書評
------------------------------------------------------------------------------------------------
■石塚道子・田沼幸子・冨山一郎編『ポスト・ユートピアの人類学』人文書院、2008年(内海博文)

■ファザーリ・M・モハダム、アンソニー・J・マセーラ編『テロリズムを理解する-社会心理学からのアプローチ』釘原直樹監訳、ナカニシヤ出版、2008年(福田州平)

■ヤン・ネーデルフェーン・ピーテルス『グリーバル化か帝国か』原田太津男・尹春志訳、法政大学出版局、2007年(藤井真一)

■Gavin Cawthra, Andre du Pissani and Abilliah Omari eds,Security and Democracy in Southrn Africa.
Wits University Press,2007(坂田有弥)

■James M.Donovan,Legal Anthropology: An Introduction. AltaMira Press,2008(石田慎一郎)


英文要旨
----------------------------------------------------------------------------------
大阪大学グローバルCOE コンフリクトの人文学国際研究教育拠点事業記録
H19.7-H20.8

1 「コンフリクトの人文学」セミナーの開催記録
2 ワークショップ、研究会等の開催記録
3 国際会議の開催記録
4 大学院生調査研究助成
5 大学院生国際研究集会参加支援プログラム


執筆者紹介
寄稿規定
編集後記