書籍検索 書籍一覧 シリーズ・叢書 阪大リーブル 共通教育シリーズ 大阪大学総合学術博物館叢書 世界の言語シリーズ 大阪大学新世紀レクチャー 人文科学 総記・一般 文   学 語   学 芸   術 哲学・思想・宗教 歴史・地理 社会科学 総記・一般 政治・法律 経済・経営 社   会 教育・心理 自然科学 総記・一般 数学・物理学 生物学・環境 化   学 天文・地学 建築・土木 機械・金属 電気・電子 情報・通信 医学・歯学・薬学 大阪大学関連 適塾・懐徳堂関連 平成30年度科研費「学術図書」出版支援
出版支援制度
電子書籍
日本図書館協会選定図書
サポート情報
オンデマンド(少部数)出版のご案内
Twitter
facebook

お問合わせ

書籍に関するお問い合わせ、その他のお問い合わせについては、下記のお問い合わせフォームよりお願いいたします。電話でのお問い合わせも受け付けております。

詳細を見る

TEL06-6877-1614
FAX06-6877-1617

阪大リーブル42

芸術と脳

絵画と文学、時間と空間の脳科学

在庫あり
近藤 寿人 編著
四六判 334ページ 並製
定価2200円+税
ISBN978-4-87259-324-2 C1370
奥付の初版発行年月:2013年03月

内容紹介
目次
著者略歴

内容紹介

世界を認識する心の感動が芸術に表現され、芸術がその感動を再現させる。心は脳の働きであり、芸術を理解することは、脳の働きそのもの。芸術を通した新しい視点から、素晴らしい脳の働きを理解しようという、国際高等研究所の研究会をもとに、参加研究者が書きおろした。芸術を生み出し芸術に表現される、時間、空間、名前、錯覚などを、脳の研究者と芸術の研究者が快い文章で描きだし、編者がコラムで読者をナビゲートする。 

目次

1章 平安朝物語における時間の階層と語り手の多様な位置(山本登朗)
2章 歴史叙述・時間・物語 
   ―歴史はどのように書かれてきたか―(小倉孝誠)
3章 時空間記憶と夢の仮説(小倉明彦)
4章 仏教の時間論(佐々木閑)
5章 名前を「見る」と文字を「読む」-錯覚の解釈学-(手島勲矢)
6章 絵巻の時間と空間の表現(若杉準治)
7章 造形芸術と時間-古代南アジアの説話浮彫を中心に-(肥塚隆)
8章 絵画の根源をめぐって(岡田温司)
9章 色と質感を認識する脳と心の働き(小松英彦)
10章 世界は脳が見ている(藤田一郎)
11章 女の身体と男のまなざし(小倉孝誠)
12章 自閉症から見る世界(北澤茂)
13章 頭の中サイン、コサイン(大澤五住)
14章 三次元世界を見る(藤田一郎)
15章 見続けるということ(佐藤宏道)
結びにかえて 新しい芸術がはじまるとき(近藤寿人) 

著者略歴

近藤 寿人(コンドウ ヒサト)
大阪大学大学院生命機能研究科 教授

(上記内容は本書刊行時のものです。)