書籍検索 書籍一覧 シリーズ・叢書 阪大リーブル 共通教育シリーズ 大阪大学総合学術博物館叢書 世界の言語シリーズ 大阪大学新世紀レクチャー 人文科学 総記・一般 文   学 語   学 芸   術 哲学・思想・宗教 歴史・地理 社会科学 総記・一般 政治・法律 経済・経営 社   会 教育・心理 自然科学 総記・一般 数学・物理学 生物学・環境 化   学 天文・地学 建築・土木 機械・金属 電気・電子 情報・通信 医学・歯学・薬学 大阪大学関連 適塾・懐徳堂関連 平成30年度科研費「学術図書」出版支援
出版支援制度
電子書籍
日本図書館協会選定図書
サポート情報
オンデマンド(少部数)出版のご案内
Twitter
facebook

お問合わせ

書籍に関するお問い合わせ、その他のお問い合わせについては、下記のお問い合わせフォームよりお願いいたします。電話でのお問い合わせも受け付けております。

詳細を見る

TEL06-6877-1614
FAX06-6877-1617

近代日本の地図作製とアジア太平洋地域

「外邦図」へのアプローチ

在庫あり
小林 茂 編
B5判 512ページ 上製
定価7600円+税
ISBN978-4-87259-266-5 C3025
奥付の初版発行年月:2009年02月

内容紹介
目次
著者略歴

内容紹介

近代の日本は,アジア太平洋地域について,多数
の地図を作製してきた.第2次世界大戦の終結ま
で,戦争や植民地経営にむけて作製されてきた地
図は,「外邦図」と呼ばれている.本書は外邦図の
作製のプロセスや来歴を研究し,学術資料として
再生したものである.外邦図の所在,台湾・朝鮮・
樺太・千島など東アジアや南西太平洋の地図の作
製過程,空中写真,土地測量の記録,韓国におけ
る軍用秘図の意義など,本邦初の外邦図研究. 

目次

第Ⅰ部 外邦図とは

第1章 近代日本の地図作製とアジア太平洋地域
第2章 外邦図の嚆矢と展開

第Ⅱ部 外邦図の所在と特色

第1章 日本および海外における外邦図の所在状況と系譜
第2章 国立国会図書館所蔵の外邦図
第3章 在アメリカ外邦図の所蔵状況
第4章 旧日本軍撮影の中国における空中写真の特徴と利用可能性

第Ⅲ部 外邦図の構成

第1章 陸地測量部外邦図作製の記録
第2章 台湾の諸地形図について
第3章 日本統治機関作製にかかる朝鮮半島地形図の概要
第4章 樺太の地形図類について
第5章 北方領土・千島列島の地形図類

第Ⅳ部 外邦図の作製過程

第1章 植民地化以前の韓半島における日本の軍用秘図作製
第2章 アジア太平洋地域における旧日本軍および関係機関の空中写真による地図作製
第3章 近代東アジアの土地調査事業と地図作製
第4章 日本の兵要地誌に関する一研究
第5章 南西太平洋方面における地図資料

第Ⅴ部 終戦前後の陸地測量部と水路部

第1章 終戦前後の陸地測量部
第2章 終戦前後の地図と空中写真、見聞談
第3章 第二次世界大戦中の機密図誌(海図・航空図)
第4章 史実調査部と地図の行方
第5章 参謀本部からの外国図緊急搬出の経緯

第Ⅵ部 兵要地理調査研究会

第1章 『兵要地理調査研究会』について
第2章 兵要地理資料集録(渡邊正氏資料)解説
第3章 陸地測量部から地理調査所へ

第Ⅶ部 外邦図デジタルアーカイブの構築と公開

第1章 外邦図デジタルアーカイブ構築の経緯と今後の課題
第2章 外邦図デジタルアーカイブの公開に関する課題

第Ⅷ部 外邦図の利用

第1章 外邦図は「使えるか」?
第2章 地域環境変遷研究への外邦図の活用
第3章 韓国における外邦図(軍用秘図)の意義と学術的価値
第4章 Urban Monitoring Using Former Japanese Military Maps and Remote Sensing
 

著者略歴

小林 茂(コバヤシ シゲル)
【刊行時】
大阪大学大学院文学研究科教授・放送大学客員教授

(上記内容は本書刊行時のものです。)