書籍検索 書籍一覧 シリーズ・叢書 阪大リーブル 共通教育シリーズ 大阪大学総合学術博物館叢書 世界の言語シリーズ 大阪大学新世紀レクチャー 人文科学 総記・一般 文   学 語   学 芸   術 哲学・思想・宗教 歴史・地理 社会科学 総記・一般 政治・法律 経済・経営 社   会 教育・心理 自然科学 総記・一般 数学・物理学 生物学・環境 化   学 天文・地学 建築・土木 機械・金属 電気・電子 情報・通信 医学・歯学・薬学 大阪大学関連 適塾・懐徳堂関連 平成30年度科研費「学術図書」出版支援
出版支援制度
電子書籍
日本図書館協会選定図書
サポート情報
オンデマンド(少部数)出版のご案内
Twitter
facebook

お問合わせ

書籍に関するお問い合わせ、その他のお問い合わせについては、下記のお問い合わせフォームよりお願いいたします。電話でのお問い合わせも受け付けております。

詳細を見る

TEL06-6877-1614
FAX06-6877-1617

阪大リーブル13

わかる歴史 面白い歴史 役に立つ歴史

歴史学と歴史教育の再生をめざして

在庫あり
桃木 至朗 著
四六判 272ページ 並製
定価2000円+税
ISBN978-4-87259-249-8 C1320
奥付の初版発行年月:2009年04月

内容紹介
目次
著者略歴

内容紹介

この数年,大阪大学の史学系教員と高校世界史の
教員が連携して,世界と日本の歴史学と歴史教育
のあり方について,研究会を開いてきた.本書はそ
の成果のまとめであり,次の3点が重視される.①
若者の「歴史離れ」にどう対処するか.歴史の面白
さはどこにあるか.②高校の歴史教育と大学・大学
院の歴史研究を連続したものとして捉える.③「日
本を含むアジア史」を重視し,西洋史,東南アジア
史,日本史を連続して捉える.阪大歴史学の結晶. 

目次

第1部 歴史学の危機と挑戦

第1章 現代社会の歴史離れと歴史教育
第2章 歴史学の限界と動脈硬化
第3章 そもそも歴史学とはどんな学問か
第4章 歴史学の論理展開
第5章 新しい歴史学の躍動
第6章 阪大史学の挑戦

第2部 東南アジア史の可能性

第1章 東南アジア史とその研究視覚
第2章 役に立つ東南アジア史
第3章 面白い東南アジア史
第4章 わかる東南アジア史 

著者略歴

桃木 至朗(著)(モモキ シロウ)
【刊行時】
大阪大学文学研究科 世界史講座・教授

(上記内容は本書刊行時のものです。)