書籍検索 書籍一覧 シリーズ・叢書 阪大リーブル 共通教育シリーズ 大阪大学総合学術博物館叢書 世界の言語シリーズ 大阪大学新世紀レクチャー 人文科学 総記・一般 文   学 語   学 芸   術 哲学・思想・宗教 歴史・地理 社会科学 総記・一般 政治・法律 経済・経営 社   会 教育・心理 自然科学 総記・一般 数学・物理学 生物学・環境 化   学 天文・地学 建築・土木 機械・金属 電気・電子 情報・通信 医学・歯学・薬学 大阪大学関連 適塾・懐徳堂関連
出版支援制度
電子書籍
日本図書館協会選定図書
サポート情報
オンデマンド(少部数)出版のご案内
Twitter
facebook

お問合わせ

書籍に関するお問い合わせ、その他のお問い合わせについては、下記のお問い合わせフォームよりお願いいたします。電話でのお問い合わせも受け付けております。

詳細を見る

TEL06-6877-1614
FAX06-6877-1617

阪大リーブル2

日本文学 二重の顔

〈成る〉ことの詩学へ

在庫あり
荒木 浩 著
四六判 300ページ 並製
定価2000円+税
ISBN978-4-87259-235-1 C1393
奥付の初版発行年月:2007年04月

内容紹介
目次
著者略歴

内容紹介

日本の古典文学や芸能のテクストを読解するとき,
読むものと読まれるもの,見ること,見えること,
見られることの間に,不思議な変化や変身がもた
らされ,古典の世界は新たな相貌を帯びてくる.
著者は二重,三重に多層化・多面化するテクスト
の深みに分け入り,そうすることで,その面白さ,
奥深さを読者に味わわせてくれる.私たちはいつ
のまにか,日本文学の魅力にとりつかれているの
に気づく. 

目次

● 宝誌和尚像のもう一つの顔

● 『源氏物語』と『長恨歌』…秘匿の顔

● 『徒然草』の二層の「心」

● 明恵の夢をめぐって

● 南方、柳田、折口の交錯

● 落語という芸能と顔(枝雀、志ん生、文楽、円喬)

● 『今昔』『宇治拾遺』にみる二重の顔

● 『更科日記』『日本霊異記』の夢と現実

 

著者略歴

荒木 浩(アラキ ヒロシ)
大阪大学大学院文学研究科教授

(上記内容は本書刊行時のものです。)