書籍検索 書籍一覧 シリーズ・叢書 阪大リーブル 共通教育シリーズ 大阪大学総合学術博物館叢書 世界の言語シリーズ 大阪大学新世紀レクチャー 人文科学 総記・一般 文   学 語   学 芸   術 哲学・思想・宗教 歴史・地理 社会科学 総記・一般 政治・法律 経済・経営 社   会 教育・心理 自然科学 総記・一般 数学・物理学 生物学・環境 化   学 天文・地学 建築・土木 機械・金属 電気・電子 情報・通信 医学・歯学・薬学 大阪大学関連 適塾・懐徳堂関連
出版支援制度
電子書籍
日本図書館協会選定図書
サポート情報
オンデマンド(少部数)出版のご案内
Twitter
facebook

お問合わせ

書籍に関するお問い合わせ、その他のお問い合わせについては、下記のお問い合わせフォームよりお願いいたします。電話でのお問い合わせも受け付けております。

詳細を見る

TEL06-6877-1614
FAX06-6877-1617

近世武家地の住民と屋敷管理

在庫あり
渡辺 理絵 著
A5判 228ページ 上製
定価5200円+税
ISBN978-4-87259-228-3 C3021
奥付の初版発行年月:2008年01月

内容紹介
目次
著者略歴

内容紹介

本書は、近世武家地社会の屋敷管理と住民把握
についての本格的な研究書である.近世米沢の城
下町絵図を足がかりに,他藩の史料も参考にしな
がら,絵図の様式の変化、武士の屋敷観,武家
地管理政策,異動に関する願書、藩庁から家臣へ
の触書などを,豊富な絵図や表をもとに綿密に分
析し,また,宗門人別改帳が当時の社会に及ぼし
た影響にも一章をあて,近世武家地に生きた人び
との姿を描き出す. 

目次

主要目次
1近世都市史における武家地研究
2城下町絵図の様式変化と武家地管理の展開
3拝領屋敷の利用にみる武士の屋敷観と武家地管理政策の展開
4武家の異動に関する願書申請とその審議過程-縁定・隠居等の異動を中心として
5武家の宗門人別改帳の作製とその役割
6結びにかえて-城下町研究の今後の展開

 

著者略歴

渡辺 理絵(ワタナベ リエ)
【刊行時】
1977年生まれ。
茨城大学教育学部教員養成課程社会科専修卒。茨城大学大学院教育学研究科修了。大阪大学大学院文学研究科文化形体論専攻人文地理学 単位取得退学。
2006年博士(文学)大阪大学。2005年より茨城大学教養センター非常勤講師。
2008年4月より日本学術振興会特別研究員(PD)として筑波大学に就任予定。

(上記内容は本書刊行時のものです。)