書籍検索 書籍一覧 シリーズ・叢書 阪大リーブル 共通教育シリーズ 大阪大学総合学術博物館叢書 世界の言語シリーズ 大阪大学新世紀レクチャー 人文科学 総記・一般 文   学 語   学 芸   術 哲学・思想・宗教 歴史・地理 社会科学 総記・一般 政治・法律 経済・経営 社   会 教育・心理 自然科学 総記・一般 数学・物理学 生物学・環境 化   学 天文・地学 建築・土木 機械・金属 電気・電子 情報・通信 医学・歯学・薬学 大阪大学関連 適塾・懐徳堂関連
出版支援制度
電子書籍
日本図書館協会選定図書
サポート情報
オンデマンド(少部数)出版のご案内
Twitter
facebook

お問合わせ

書籍に関するお問い合わせ、その他のお問い合わせについては、下記のお問い合わせフォームよりお願いいたします。電話でのお問い合わせも受け付けております。

詳細を見る

TEL06-6877-1614
FAX06-6877-1617

大阪大学総合学術博物館叢書3

城下町大坂

絵図・地図からみた武士の姿

在庫あり
大阪大学総合学術博物館,大阪歴史博物館 監/鳴海 邦匡,大澤 研一,小林 茂 編
A4判 102ページ 並製
定価2000円+税
ISBN978-4-87259-213-9 C1321
奥付の初版発行年月:2008年02月

内容紹介
目次
著者略歴

内容紹介

大坂は、250年以上にわたって幕府直轄領とされてきたにも関わらず、商人の町と考えられてきた。
江戸時代、大坂城はどのような存在意義をもち、そこを舞台に武士たちはどのような活動をしていたのか。城下町の動きとともに、殿様が居住しない城と、町人の生活に入り込んで城を管理する譜代大名や旗本たちの生活を、カラー図版と詳細な解説で取り上げる。
書籍初掲載の貴重絵図を含む、知られざる大坂の歴史。 

目次

はしがき
図版

Ⅰ城下町大坂-絵図・地図からみた大坂の武士の活動
(1)大坂の武士と絵図・地図
(2)大坂城入城
(3)大坂の武家屋敷
(4)大坂湾警備の展開
コラム「発掘された城代家臣屋敷」

Ⅱ武士の情報と生活-町人と武士の接点-
(1)武士の情報の出版
(2)町人による情報の収集
(3)武士と出会う場所

参考文献
図版リスト
あとがき
 

鳴海 邦匡(ナルミ クニタダ)
【刊行時】
甲南大学文学部・准教授

大澤 研一(オオサワ ケンイチ)
【刊行時】
大阪歴史博物館・学芸員

小林 茂(コバヤシ シゲル)
【刊行時】
大阪大学大学院文学研究科・教授

(上記内容は本書刊行時のものです。)