書籍検索 書籍一覧 シリーズ・叢書 阪大リーブル 共通教育シリーズ 大阪大学総合学術博物館叢書 世界の言語シリーズ 大阪大学新世紀レクチャー 人文科学 総記・一般 文   学 語   学 芸   術 哲学・思想・宗教 歴史・地理 社会科学 総記・一般 政治・法律 経済・経営 社   会 教育・心理 自然科学 総記・一般 数学・物理学 生物学・環境 化   学 天文・地学 建築・土木 機械・金属 電気・電子 情報・通信 医学・歯学・薬学 大阪大学関連 適塾・懐徳堂関連
出版支援制度
電子書籍
日本図書館協会選定図書
サポート情報
オンデマンド(少部数)出版のご案内
Twitter
facebook

お問合わせ

書籍に関するお問い合わせ、その他のお問い合わせについては、下記のお問い合わせフォームよりお願いいたします。電話でのお問い合わせも受け付けております。

詳細を見る

TEL06-6877-1614
FAX06-6877-1617

大阪大学新世紀レクチャー

飲酒/禁酒の物語学

アメリカ文学とアルコール

在庫あり
森岡 裕一 著
A5判 230ページ 並製
定価2000円+税
ISBN978-4-87259-150-7 C3097
奥付の初版発行年月:2005年09月

内容紹介
目次
著者略歴

内容紹介

植民地時代から現代に至るアメリカの歴史におけ
る酒の持つ意味を考察しつつ,とりわけ19世紀の
節酒/禁酒運動にみられる発想法とレトリックを
文学との関わりの中であとづけし,20世紀初めの
モダニズム文学を飲酒の視点から読み直す.禁酒
小説,飲酒と創造性,文学にみる人種・民族・性
と酒,ヘミングウェイ,フォークナーなどアルコー
ル依存作家の文学など,様々な興味深い切り口か
ら具体例を紹介. 

目次

第1講 ほろ酔い―ポー、チーヴァ-、アンダソン
第2講 酩酊―禁酒小説とは何か
第3講 インタールード―アルコールと創造性
第4講 泥酔―エスニシティとジェンダー
第5講 禁断症状Ⅰ―フィッツジェラルドとオニール
第6講 禁断症状Ⅱ―ヘミングウェイとフォークナー
第7講 回復―AA、映画と小説、文献解題
 

著者略歴

森岡 裕一(モリオカ ユウイチ)
大阪大学大学院文学研究科教授

(上記内容は本書刊行時のものです。)