書籍検索 書籍一覧 シリーズ・叢書 阪大リーブル 共通教育シリーズ 大阪大学総合学術博物館叢書 世界の言語シリーズ 大阪大学新世紀レクチャー 人文科学 総記・一般 文   学 語   学 芸   術 哲学・思想・宗教 歴史・地理 社会科学 総記・一般 政治・法律 経済・経営 社   会 教育・心理 自然科学 総記・一般 数学・物理学 生物学・環境 化   学 天文・地学 建築・土木 機械・金属 電気・電子 情報・通信 医学・歯学・薬学 大阪大学関連 適塾・懐徳堂関連
出版支援制度
電子書籍
日本図書館協会選定図書
サポート情報
オンデマンド(少部数)出版のご案内
Twitter
facebook

お問合わせ

書籍に関するお問い合わせ、その他のお問い合わせについては、下記のお問い合わせフォームよりお願いいたします。電話でのお問い合わせも受け付けております。

詳細を見る

TEL06-6877-1614
FAX06-6877-1617

大阪大学新世紀レクチャー

現代能楽講義

能と狂言の魅力と歴史についての十講

在庫あり
天野 文雄 著
四六判 340ページ 並製
定価2300円+税
ISBN978-4-87259-148-4 C3074
奥付の初版発行年月:2004年03月

内容紹介
目次
著者略歴

内容紹介

世界無形遺産に指定されながら、『食わず好き」「思考停止」といった現象をよび、現代の「巨大なブラックホール」のような存在になっている能楽とは?
復活能、新作能の試みにより全国的に活躍し、能楽研究者の第一人者である著者が、歴史的変遷という独自の視点により、能と狂言の全体像を明らかにし、その魅力にせまる。
能楽愛好家、能楽研究者、待望の一冊。 

目次

開講にあたって 現代の能楽事情とその問題
第1講 能楽は現代にいかに生きているか
第2講 「能」という名称をめぐる諸問題
第3講 夢幻能と現在能
第4講 能が演じられた場所
第5講 能を演じてきた組織とその変遷
第6講 「詩劇」としての能
第7講 能舞台の変遷
第8講 世阿弥の生涯と業績
第9講 能の変化
第10講 狂言の歴史と魅力
開講にさいして 能と狂言の行く末
補講  能はいかに読まれるべきか
能楽史略年表
索引
 

著者略歴

天野 文雄(アマノ フミオ)
大阪大学大学院文学研究科教授

(上記内容は本書刊行時のものです。)