書籍検索 書籍一覧 シリーズ・叢書 阪大リーブル 共通教育シリーズ 大阪大学総合学術博物館叢書 世界の言語シリーズ 大阪大学新世紀レクチャー 人文科学 総記・一般 文   学 語   学 芸   術 哲学・思想・宗教 歴史・地理 社会科学 総記・一般 政治・法律 経済・経営 社   会 教育・心理 自然科学 総記・一般 数学・物理学 生物学・環境 化   学 天文・地学 建築・土木 機械・金属 電気・電子 情報・通信 医学・歯学・薬学 大阪大学関連 適塾・懐徳堂関連
出版支援制度
電子書籍
日本図書館協会選定図書
サポート情報
オンデマンド(少部数)出版のご案内
Twitter
facebook

お問合わせ

書籍に関するお問い合わせ、その他のお問い合わせについては、下記のお問い合わせフォームよりお願いいたします。電話でのお問い合わせも受け付けております。

詳細を見る

TEL06-6877-1614
FAX06-6877-1617

懐徳堂朱子学の研究

品切れ・重版未定
陶 徳民 著
A5判 422ページ 上製
定価6500円+税
ISBN978-4-87259-002-9 C3021
奥付の初版発行年月:1994年03月

内容紹介
目次
著者略歴

内容紹介

懐徳堂は,1724年に大坂の有力町人が教養のために開設した私塾であったが,のち官許を得て大坂学問所となり,近世日本の思想史上もっとも独創的な思想家と評される山片蟠桃・富永仲基らを輩出した.
この学校の初期教育を基礎づけた五井蘭洲の「無鬼論」を中心として,蘭洲に影響を受けた後輩の学者たちも対象とし,懐徳堂朱子学派の学問・思想の伝統と特質を考察することを本書の主要課題としている. 

目次

序論 近世儒学史における懐徳堂朱子学の位置
1章 朱子哲学の研鑽
2章 天文・地理の探究
3章 経世策の考案
4章 徂徠学批判
5章 古代史観と神道批判
6章 無鬼論
むすび 懐徳堂朱子学の諸特性
付録 懐徳堂をめぐる研究史